レアな3DO

3DOは、現在のパナソニックが松下電器産業だった時代に販売されています。正確には3DO REALという名称で販売されていました。松下電器単独開発ではなく、アメリカのThe 3DO Companyが開発した機械をライセンス生産したものです。前評判が非常に高く、さまざまなゲーム制作会社が製作を名乗り出たことが、人気の高さを物語るでしょう。

実際にThe 3DO Companyは自社開発をしませんでした。ゲームを開発しておらず、ライセンス契約を結ぶことで、サードパーティーにソフトを作らせるスタイルを取っていたからです。本体に関視点も同様な珍しい会社であったといえるでしょう。ゲーム本体やソフトを売り上げると、ロイヤルティーを要求するという、当時ちょっと変わったシステムを持っていました。

査定3DOは、実際に性能の高さが売りであり、価格帯も高価だったのが大きなネックになり、販売数量は伸び悩みます。当時としてもあまりに高く、競争相手は存在していませんでした。実際に2年も寿命がなく、市場からも消え去ってしまったのです。ですが、ゲームの質は高く、レトロゲームとしても人気があります。ソフトが残っているのであれば、まとめて査定にかけてみると思わぬ金額になってくるでしょう。


関連リンク:3DOゲームの買取【買取コレクター】